警備員-トップ画像
当サイトについて
ランキング
はたらきねっとNew
e-conne イーコネ
情報ステーションNEW
副業を始める動機
副業の種類と探し方
収入を得にくい副業
副業のお勧めサイト
リンク集
サブメニュー
リンク集
おまとめローン 審査
カードローン 審査
キャッシング 比較
ハローワーク 内職
抜け毛 対策
 


人気の副業に「警備員」があります。

警備員というと、柔道などの護身術ができて、
いざというときには命を投げ出して警備にあたる。
そんなイメージがどうしたって先行してしますよね。

副業で命をかける。
誰もそんなことはしたくありません。
ではなんで人気なのか。
それは警備員といっても命をかけるものだけじゃないということです。

警備員にはさまざまなものがあります。
駐車場の誘導、ビルの警備員、工事現場での交通整備、
コンサート会場、野球場など。挙げたらキリがないほどです。

時間もいろいろあります。
深夜のイメージが強いのですが、
コンサート会場の警備なら、コンサート開始の1時間前くらいから終了時間まで。
工事現場なら昼間だけということもあります。

警備員というと男の仕事、
それも若者というイメージがありますが、
これも最近は変わってきました。
中高年の男女問わず、なかには若い女性ががんばっている職場もあります。

そして立ち仕事はちょっと大変という人にも朗報です。
これは深夜の仕事になってしまうのですが、
ビルや学校の警備員なら決まった時間の巡回以外は部屋でくつろぐこともできます。

時給は1000円以上。
初めに研修を受ける必要がありますが、
時間があれば高収入になる副業です。

インターネットのアルバイト情報誌で募集していることが多いようです。



> 内職をする為にまずやるべきことは?

> 内職ランキングを見る

> 主婦・在宅ワーカーでも借りれるキャッシング業者を紹介
Copyrightc 2008 副業の種類と探し方
※当サイトのテキスト・画像関連の全て転載・転用、商用の販売を固く禁じます。